協和発酵キリン
KYOWA KIRIN

kksmile

  1. Home
  2. 領域
  3. がん・血液
  4. 疾患関連情報
  5. 肺癌患者さんのためのFNマネジメント
ログイン

肺癌患者さんのためのFNマネジメント

化学療法を安全に完遂するために必要不可欠な副作用対策。中でも発熱性好中球減少症(FN)は、致死的な感染症の合併リスクとなり、患者さんの予後にも影響するため、対策が極めて重要です。
このコンテンツでは、肺癌診療において経験豊富な医師に、肺癌診療ガイドラインや癌治療学会G-CSF適正使用ガイドラインなどに基づいた肺癌患者さんのためのFNマネジメントについて、ご解説いただきました。

  1. 第2回:NSCLCにおけるFNマネジメント

    ご監修・ご出演:
    和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 教授
    山本 信之 先生
    国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 医長
    堀之内 秀仁 先生

    ※ 登載時点のご所属とさせていただいております。
  2. 第1回:小細胞肺癌におけるFNマネジメント

    ご監修・ご出演:
    和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 教授
    山本 信之 先生
    静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科 医長
    釼持 広知 先生

    ※ 登載時点のご所属とさせていただいております。
KK-17-09-19910

おすすめコンテンツ

がん・血液インデックスページに戻る