協和発酵キリン
KYOWA KIRIN

kksmile

会員専用コンテンツ 詳細は会員ログインをしてご覧下さい。

会員の方

暗号化通信(SSL)でログイン

ID・パスワードをお忘れの方

新規会員登録

kksmile会員サイトでは、医療機関にお勤めの皆様を対象に、学会速報をはじめ、各領域の学術情報、医療用麻薬情報、お役立ちコンテンツなどをご利用いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。

FNマネジメントTurning Point

がん化学療法中のFN発症頻度は、レジメンやサイクルによって異なることが知られていますが、実は、確定診断されていないFNが多く潜在している可能性があります。
このシリーズでは、お二人の先生方にご施設・実臨床でのご経験を交えて、FNマネジメントのコツや、潜在するFN を「見える化」する指標、初回サイクルからのFN発症抑制の必要性についてお話しいただきました。

第2回:初回サイクルからのFN発症抑制の必要性を実感したきっかけとは?

表紙
2017年10月25日登載

ご監修・ご出演:
大阪医科大学
乳腺・内分泌外科 特任教授
岩本 充彦 先生

 (5′01″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

第1回:潜在するFN を「見える化」する指標とは?

表紙
2017年10月11日登載

ご監修・ご出演:
京都府立医科大学大学院医学研究科
内分泌・乳腺外科学 教授
田口 哲也 先生

 (5′52″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

KK-17-10-20260

おすすめコンテンツ