協和発酵キリン
KYOWA KIRIN

kksmile

会員専用コンテンツ 詳細は会員ログインをしてご覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお忘れの方

新規会員登録

kksmile会員サイトでは、医療機関にお勤めの皆様を対象に、学会速報をはじめ、各領域の学術情報、医療用麻薬情報、お役立ちコンテンツなどをご利用いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。

動画『患者さんのためのFNマネジメント「悪性リンパ腫治療におけるG-CSFの役割」』

患者さんのためのFNマネジメント「悪性リンパ腫治療におけるG-CSFの役割」

第4回:FN発症リスクの予測とマネジメントの実践

表紙
2017年3月29日登載

FN(発熱性好中球減少症)は、発症すると感染症や入院期間の延長、治療スケジュールの変更、ひいてはRDI(相対治療強度)の低下をもたらす副作用です。したがって、いかにFNの発症を抑制できるかが、DLBCL(びまん性大細胞型B 細胞リンパ腫)治療のカギとなります。
今回は、愛知県がんセンター中央病院 臨床試験部 部長/血液・細胞療法部 山本一仁先生に、FN発症に関連するリスク因子と高齢者に対するG-CSF投与について、ガイドラインとともにご解説いただきます。

 (4′05″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

第3回:再発・再燃抑制のためのDLBCLに対するfirst-line治療の重要性

表紙
2017年3月15日登載

DLBCL(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)は、再発・再燃後の予後が不良であるため、first-line 化学療法で抗腫瘍効果を十分に引き出す治療を実施することが重要です。では、どのような治療アプローチが有用なのでしょうか。
今回は、愛知県がんセンター中央病院 臨床試験部 部長/血液・細胞療法部 山本一仁先生よりご解説いただきます。

 (5′10″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

第2回:RDI維持の重要性

表紙
2017年2月1日登載

悪性リンパ腫に対する化学療法では、発熱性好中球減少症(FN)のマネジメントが重要です。FNが発症すると、短期的には入院や治療関連死のリスクが高まり、化学療法の減量、スケジュールの延期により相対的治療強度 RDI(relative dose intensity)が減弱します。
今回は、FNの中長期的な問題点について、山形大学大学院医学系研究科 血液・細胞治療内科学講座 教授 石澤賢一先生よりご解説いただきます。

 (5′14″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

第1回:FNマネジメントの重要性

表紙
2017年1月18日登載

悪性リンパ腫治療では化学療法が最も重要な役割を果たし、化学療法により治癒を期待することができますが、化学療法を安全に完遂するためには、副作用対策を十分に実施する必要があります。
今回は、FNマネジメントの重要性について、山形大学大学院医学系研究科 血液・細胞治療内科学講座 教授 石澤賢一先生よりご解説いただきます。

 (5′57″)
 

※ 登載時点のご所属とさせていただいております。

KK-17-03-17854

おすすめコンテンツ